グルコサミンは効果なし?

グルコサミンに効果なし?という説について

グルコサミンは多くの人が知っている成分名です。


ヒザやヒジ、腰などの関節部の軟骨成分として知られています。
ということで、ヒザや足腰に不安のある人の中には、気をつけてきちんと摂るように心がけている人も多いことでしょう。
ところが、グルコサミンは食べ物として口から摂っても「効果なし」と述べる専門家もいます。
ことの真実はどうなのでしょう?

口から摂取しても分解されるから?

専門家が「効果なし」という理由に、「口から摂取した成分が、そのまま軟骨に届けられるわけではない」というものがあります。

もともとグルコサミンはアミノ糖の一種で、エビやカニなど甲殻類の殻や甲羅などに多く含まれています。
ただ、それらを食べても、体内ではそれらがいったん分解され、そしてまたグルコサミンとして生成されるのだから、ことさらその成分だけを摂ってもさほど意味はない、という見解です。

医学的な見解は?

医学的な研究ではどのような報告がなされているのでしょう。


事実をリサーチすると、「効果がない」とする論文も見つけられます。ただ、一方で「効果があった」と結論づける論文も同様に存在します。
つまり、一方的に「効果なし」とは断言できず、「効果が確認できた」という医学的な研究結果も存在しているということです。
・効果ありの論文の一例 リンク1 リンク2

 

実際、市販の関節痛向けの医薬品の中にもグルコサミンやコンドロイチンが配合されているものも存在していますね。
「関節痛・神経痛に飲んで効くグルコンEX錠プラス」など時々テレビ広告でも見かけます。
あれは薬屋さんや薬局などで販売されている医薬品ですから、その品質や有効性(効果や効能)、さらに安全性について厚生労働省が認めたものです。
もし、本当に「グルコサミンに効果がない」ということであれば、こういった市販薬の販売も「???」ということにならないでしょうか。

サプリメントの効果は?

ヒザや足腰が心配な人の中にはグルコサミン系のサプリメントを習慣にしている人も少なくありません。
サプリメントは健康食品ですからお薬のような効果は謳われていませんし、実際、飲んですぐに効果を実感するようなものではありません。
それでも続けている人が多いということは、なにかを実感しているからだとも言えます。
実際、大手食品メーカーであるサントリーのサプリメントでは、厳正な研究所によってさまざまな研究を重ねた上で発売にまでこぎつけています。それは安全・安心して摂れるか、ということだけでなく、飲んだ人に実感があるかどうか、といったものまで含まれており、モニターによる実感がなければ、場合によっては製品化の見送りまで視野に入れているようです。
そして実際に飲んだ人のアンケートでも約96%の人が「満足」「やや満足」と答えているほどですから、製品化にいたるまでの切磋琢磨はおそらくホンモノだと思います。
そういったメーカーのグルコサミンならば安心して試すことができるでしょう。

 

もっと詳しい情報を見る安心して摂れるグルコサミン

コロモ症候群にはグルコサミンだけでは効果なし?

近年、厚生労働省が注力しているのがロコモ症候群についてです。
足腰の関節や筋肉が衰弱すると「寝たきり」になってしまうので、そうなる前に予防しようというものです。
その場合、軟骨成分であるグルコサミンだけではもの足りません。
筋肉のほうもパワーアップしなくてはいけません。それに対応するロコモ専用サプリメントと言えるがサントリーの「ロコモア」です。
これは、グルコサミンやコンドロイチンだけではなく、筋肉成分「イミダゾールペプチド」も配合しているのです。
その配合分量も、グルコサミンの専門選手である「グルコサミン&コンドロイチン」と同じ分量(6粒当たり1200mg)配合された上に、筋肉成分「イミダゾールペプチド」が配合されているのですから、ちょっとお得な感すらします。
関節だけでなく筋肉にも不安のある人には「ロコモア」のほうがおすすめです。

 

もっと詳しい情報を見るグルコサミンを超えるサプリ

痛い時にグルコサミンを摂っても効果なし

グルコサミンは現状、ひざや腰の痛みを軽くしたい人に人気があり、効果アップにコンドロイチンも併用しているサプリも、多く販売されています。ただし、グルコサミンサプリはあくまでも健康補助食品ですから、本来、食事で摂りきれない有効成分を摂りやすい形で補う、というのがその役割です。関節の痛みがひどくなった段階になったら、整形外科など専門医を受診するのが賢明です。

 

グルコサミンにも種類がある

 

市販のグルコサミンサプリの多くは、原料のエビ・カニの殻を、塩酸処理をして作られます。この方法でできた製品は、人間の体内にあるタイプとは違いがあるので、摂取した分がすべて利用されるわけではありません。
一方、同じエビ・カニの殻を原料にしつつも、発酵させて作ると、N-アセチルグリコサミンができます。こちらは、人間の体内にあるタイプと同じなので、高い効果が期待できます。
発酵でできたN-アセチルグルコサミンは摂取すると、塩酸処理品と比較して約3倍も多く利用されるいう報告もあります。そういった吸収効率の観点では、塩酸処理品よいも優れているようですが、発酵製品は、作るのに時間がかかることと、臭いが残りやすくなるデメリットがあります。

 

ただ、それでは塩酸処理がよくないかと言えば、そうではありません。
用法・用量が定められ、標榜する効能・効果のためにさまざまな基準をクリアした医薬品に使われていることでもそれはわかります。たとえば、「関節痛・神経痛に飲んで効く」と広告されているグルコンEX錠(日本薬師堂)に材料として使われているのは塩酸グルコサミンです。

 

ちなみに、グルコサミンは、コンドロイチン硫酸と併用すると効果がアップすることも明らかになっています。市販のサプリの多くが、コンドロイチンも併用しているのは、相乗効果を見込んでのことなのです。

 

痛みが我慢できなかったら整形外科で効果的な治療を

 

グルコサミンは、目安として50歳を超えたら摂取を始めると、予防効果を実感しやすくなるようです。専門医の中にも、グルコサミンの摂取をすすめる先生もいるほどですが、まさに「痛い」時、それを和らげたり消したりする効果はありません。
グルコサミンは痛み止めの薬ではないのです。ズキズキ痛いのを我慢して、グルコサミンサプリの摂取を続けても、それで痛みが和らぐことはありません。手遅れになる前に、関節に痛みが出たら整形外科へ行って、治療を受けるのが一番効果的です。ひどくなった時にダメージが大きいひざの痛みには、自己ケアよりも専門家による治療になります。

 

グルコサミンの副作用

 

グルコサミンは、アスリートのスポーツ障害の改善に使われることもあります。
ただ、若いときは、グルコサミンの生成力が高いので、むやみにサプリを使うと、自発的な生成力にダメージになることがあります。若い人の長期間の摂取には、理論上、副作用もありえるということです。

 

生成力が落ちる中高年に

 

確実にいえるのは、グルコサミンサプリは生成力が落ちる中高年におすすめだということです。医薬品と違い、関節痛の治療薬の代わりにするのは少々無理がありますが、関節に少し違和感がある段階、あるいは予防的にサプリを使うのには意義があり、加齢で減っていく分を補って、軟骨のすり減りを遅らせる効果は期待できます。はじめるにあたっては、「食品」ですから、やはり安心できる製品選びがポイントです。

 

約96%の人が「満足」「やや満足」と答えている安心のグルコサミンは?
   ▼▼▼
もっと詳しい情報を見る安心して摂れるグルコサミン

更新履歴