発酵グルコサミン

発酵グルコサミンとは

発酵グルコサミンと普通のグルコサミンは、どこが違うのかと言えば、まず原料が違います。
通常、エビやカニなどの甲殻類の殻から抽出されたものが原料となっていますが、こちらは植物性というのが特徴です。
一見、動物性の代用品のようにも思えますが、実力たるや、本家のグルコサミンに何ら遜色はないと評判は上々です。

 

発酵グルコサミンは、医薬品原料メーカーの協和発酵バイオが開発したもので、もちろん国内初です。グルコサミンの原料が、リメイク植物というのがミソです。
リメイク植物とは、耳慣れない言葉ですが、協和発酵バイオの公式サイトにトウモロコシのイラストが掲げられ、要するにトウモロコシからの抽出物が原料なのかと大体想像がつきます。

 

メリットは、植物性のサプリメントであること

発酵グルコサミンの効果は、すでに多くのユーザーに認められるところですが、ダメ押しでMSMやサメ軟骨抽出物も加わり、相乗効果で、立ったり座ったりなどの基本的な日常生活を楽にするサポーターとして期待が寄せられます。

 

発酵グルコサミンのメリットは、植物性のサプリメントである点につきます。現在、グルコサミン・サプリメントの材料はカニやエビなどの甲殻類の殻に由来するものが主流ですが、甲殻類アレルギーの場合、まず手を出すことができません。植物性であれば、これまでグルコサミンには無縁であっても、安心してグルコサミン・サプリメントのユーザーの仲間入りができそうです。

 

発酵グルコサミンは、開発されてから日が浅いこともあってか、協和発酵バイオが供するお試しも好評です。1世帯1回限りですが、約半月の分量が、通常価格の半額以下の千円で、しかも送料無料と、認知度アップに懸命な様が目に浮かびます。

※検証「グルコサミンに効果なし?」の真偽は?

クリック!