グルコサミンを塗る効果

グルコサミンを塗ることで得られる効果ってあるの?

膝や腰の痛みを改善させようと、グルコサミンやコンドロイチンのサプリメントが、シニア層を中心に売れまくっているようです。
一般のサプリメントとは飲むものですが、最近では、肌に塗るタイプも登場し、しかも効果も期待できると話題です。

 

ジェルタイプにして、塗るグルコサミンを開発・発売したのは、イギリスが最初です。
かの地でも、関節痛に悩む向きは多いと見えて、その効果は多くのユーザーに認められるほどになっています。

 

塗るグルコサミンは、日本でもテレビや健康雑誌で取り上げられるなどして、評判が高まりつつあります。
アメリカでバカ売れ、膝や腰の痛み、五十肩、坐骨神経痛にも効果アリといった体験談が並び、従来のサプリに不満だった向きには、大きくアピールしそうです。

塗るグルコサミンは浸透力がポイント?

それにしても、グルコサミンは飲むか食品で摂取するもの、というのが当然視されていたところ、肌に塗り込むだけで効果が得られるというのは、ひょうたんから駒的な画期的なことです。
そもそも、塗るだけで体内に浸透するのか、もちろん浸透させるための仕掛けが施されています。

 

例えば、浸透力を高めるため、ダチョウの仲間であるエミューの脂を使ったものがあります。
エミューオイルはヒトとも親和力が高く、スムーズに関節軟骨まで浸透していくのです。

 

現在、ジェル状、クリーム状のものがありますが、どちらも直接気になる部分に塗るだけなので、経口摂取と違って、胃腸への負担がないというのもあたりまえのメリットです。
これならサプリが苦手な人でも、グルコサミンの効果を存分に享受できます。
安全先生の高い成分ですが、念のため最初にパッチテストをすると良いでしょう。

※検証「グルコサミンに効果なし?」の真偽は?

クリック!