グルコサミンの効果に疑問?

グルコサミンの効果に疑問?

膝や腰の痛みの改善にと、グルコサミンやコンドロイチンのサプリメントが大人気のようです。
しかしその一方、実際的な効果について、疑問を投げかける向きは少なくありません。

 

グルコサミンは、エビやカニの殻などに豊富な成分で、フカヒレ、鶏や豚の軟骨、山芋、オクラなどの食品から摂取することができます。
ただし、どれも日常的な食材とは言えないので、効果が食事だけで得られるかは、はなはだ疑問です。

 

第一、グルコサミンを食品を通じて経口摂取しても、消化・吸収の過程で分解され、軟骨には届かないという意見もあります。
確かに、摂った栄養が、そっくり軟骨の再生に回されるかは疑問ですが、だからといって軟骨の再生に、効果が全くないというのは極論でしょう。
それを見越して、摂取の目安が設けられているのだし、かつ継続して摂取することが求められているのです。

サプリメントは医薬品と違って即効性はない

ちなみに、グルコサミンの摂取量の目安は、1日に1000〜1800rです。
最近では、100円ショップで売られるような激安品もありますが、低品質のものは、有効成分が酸化しやすく、効果のほどが疑問なので、購入するなら少々高くとも、しっかりしたメーカーのものを求めるのが賢明です。

 

もちろん、グルコサミンの摂取だけで、関節痛の悩みが解決する訳ではありません。
併せて1日20分くらいのウォーキングなど、軽い運動を続けるのがオススメです。
また、コンドロイチンも併用すると、相乗効果が見込めます。

 

なお、医薬品と違って即効性はないので、最低でも半年は続ける必要はあります。
食事療法でもサプリでも、それが習慣になり疑問点が解消される頃には、関節の悩みの方はかなり治まっているかもしれません。

※検証「グルコサミンに効果なし?」の真偽は?

クリック!