グルコサミン成分の上手な摂取

グルコサミン成分の上手な摂取

グルコサミンは主に、エビ・カニの甲殻類の殻に豊富にある成分です。
それも外殻の部分に多く含まれるので、エビやカニの実(肉)だけを食べていても摂取できません。
かといって、毎日、エビやカニばかりをたくさん、それも外殻も含めて食べるわけにもいきません。
つまり、普通の食事で十分に摂取するのは難しいので、サプリで毎日補うのが効果的な摂取方法になります。

 

もし食事で摂るならば

 

グルコサミンは主に、エビ・カニの甲殻類の殻に豊富にある成分ですが、それ以外の食物にも含まれています。
グルコサミンを構成成分とするヒアルロン酸などの集合体を「プロテオグリカン」と呼びますが、このプロテをグリカンならば、エビやカニの外殻よりも一般的な食材に含まれているのです。
具体的には、牛や豚、鶏の軟骨、干しエビ、ウナギ、フカヒレなどですが、動物だけではなく植物でもキノコ類や山芋、オクラといった食材にプロテオグリカンがふくまれています。

これらの食物を食べれば、プロテオグリカンを摂ることになります。
ただ、そのままでは吸収されず、一部が分解されてグルコサミンとして吸収されるという仕組みなので、効率という点ではあまりよくありません。

 

グルコサミンと一緒に摂りたい成分

 

グルコサミンを摂取する際、コンドロイチン硫酸も一緒に摂取すると、効果が上がるとされています。
コンドロイチンには、軟骨に水分を吸引する働きがあります。2大軟骨成分の同時摂取で、軟骨の柔軟性・弾力性が高まり、関節痛の改善にもつながる寸法です。
グルコサミンサプリを選ぶにあたり、配合濃度のほかに、コンドロイチンが配合されているかも、軟骨成分の上手な摂取効果アップのカギとなります。
実際、市販サプリの多くは、コンドロイチンも同時配合となっています。スポーツ障害や通風などにも、用いられるケースがあります。
注意点は、グルコサミンは糖代謝に影響を与える可能性があることです。糖尿病の人は、血糖値の変化をみながら使うのが賢明です。
若い人の摂取は、軟骨の自然な再生能力を弱める可能性があるので、やはり要注意です。

 

ある程度、長期間の摂取が必要

 

医薬品と違い、関節を動きを滑らかにする効果を実感するまでには、グルコサミンは長期間の摂取が必要です。
ただし、サプリはすり減った軟骨の修復・再生に、加齢で減少する成分を補う改善方法、つまり「食事療法」の延長拡大版のようなものです。
なので、痛み止めで一時的に痛みを散らすだけの方法と比較すれば、はるかに適切かつ健康的といえます。

 

※検証「グルコサミンに効果なし?」の真偽は?

クリック!